--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-02(Sun)

衆院選、4日公示=12党乱立、原発・景気が争点【12衆院選】

衆院選、4日公示=12党乱立、原発・景気が争点【12衆院選】

時事通信 12月2日(日)16時33分配信

 第46回衆院選は4日公示され、各党は16日の投開票に向け12日間の選挙戦に入る。原発を含むエネルギー政策や消費増税の是非、景気対策などをテーマに与野党が支持を競う。北朝鮮の「人工衛星」名目の長距離弾道ミサイル発射予告を受け、危機管理や安全保障政策も争点となりそうだ。
 2009年の衆院選で政権交代を実現した民主党と、政権奪還を目指す自民、公明両党がぶつかる一方、既成政党と一線を画す「第三極」陣営の合従連衡の結果、12政党が乱立。小選挙区300、比例代表180の計480の定数に対し、2日現在で1400人超が立候補を予定している。 
 野田佳彦首相(民主党代表)は2日、千葉市で街頭演説し「とても厳しい選挙だが、逃げずにぶれずに政治を前に進めていく」と訴えた。北朝鮮のミサイルに関しては「不測の事態に備えて(森本敏)防衛相には破壊措置準備命令を出すように指示した。これからも危機管理に万全を期していく」と強調した。
 自民党の安倍晋三総裁は山口県下関市で街頭に立ち、「2%という物価(上昇)目標をつくる。それに向かって大胆な金融緩和を取り、デフレ脱却をする」と経済重視の姿勢を鮮明にした。
 第三極勢力では、日本未来の党の嘉田由紀子代表が都内で公約を発表。「10年後を目指して原発から卒業する」と「卒原発」を掲げた。これに対し、日本維新の会の橋下徹代表代行は金沢市で街頭演説し、未来の原発政策について「具体的なプランがない。(民主党が沖縄県外への移設を約束し、できなかった)米軍普天間飛行場移設と一緒だ」と批判した。



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。