--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-10(Sat)

民主、解散へ環境整備加速…TPPで党分裂含み

民主、解散へ環境整備加速…TPPで党分裂含み

読売新聞 11月9日(金)21時58分配信

 民主党は9日、衆院選の「1票の格差」是正のため、小選挙区の「0増5減」を盛り込んだ選挙制度改革法案を14日に国会提出する方針を固めた。

 国会提出後に自民、公明両党と法案の修正協議を行いたい考えで、衆院解散に向けた環境整備を加速させている。

 野田首相は、衆院解散の判断材料に〈1〉赤字国債発行に必要な特例公債法案の成立〈2〉「1票の格差」是正〈3〉社会保障制度改革国民会議の設置――を挙げている。これら三つの課題を早急に処理し、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加も表明したうえで、衆院解散に踏み切るシナリオを検討している。

 「1票の格差」是正の成否は、民自公3党の修正協議にかかっている。民主党は比例定数の40削減を盛り込む方向で調整しているが、「0増5減」の先行実施を求める自公両党に配慮して、定数削減部分を切り分けて提出する案も浮上している。民主党の安住淳幹事長代行は9日の記者会見で「注意深く野党と話し合いながら、出口(結論)を探りたい」と、早期成立に意欲を示した。同党は自公両党に、16日にも衆院を通過させたいと打診したが、比例定数削減で折り合えていないため、修正協議には時間がかかる可能性もある。

 特例公債法案は既に成立の見通しがついており、9日の衆院財務金融委員会で実質審議入りした。15日に衆院を通過し、21日にも参院で成立する公算が大きい。首相は9日夜、東京都内での会合で「この国会の最大の争点は特例公債法案の扱いだ」と強調した。

 民主党は国民会議の早期設置でも、自公両党と接点を探っている。自民党は9日、来週中に人選案を政府・民主党に提出する方針を固めた。公明党は既に人選リストを提出している。

 一方、首相がTPPの交渉参加に意欲を示していることに対し、民主党内の慎重派議員には反発が広がった。首相が交渉参加を表明した場合、離党に踏み切る考えを示唆する若手議員が増えており、同党は分裂含みの情勢となっている。



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。