--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-30(Tue)

<尼崎連続変死>岡山・備前の漁港で海中捜索へ

<尼崎連続変死>岡山・備前の漁港で海中捜索へ

毎日新聞 10月30日(火)3時0分配信

 兵庫県尼崎市の連続変死事件で、県警尼崎東署捜査本部は30日、男性(54)の遺体が遺棄されたとされる岡山県備前市日生(ひなせ)町の漁港で海中の捜索に着手する。捜査関係者への取材でわかった。捜査本部は、別のドラム缶詰め遺体事件の角田(すみだ)美代子被告(64)と、李正則受刑者(38)ら男5人の少なくとも6人が遺棄に関与したとの見方を強めており、遺体が見つかり次第、死体遺棄容疑で本格捜査に乗り出す方針だ。
 捜査関係者によると、男性は、美代子被告の自宅マンションの元所有者の弟。元所有者は、美代子被告の戸籍上の妹、角田三枝子被告(59)=窃盗罪で起訴=の夫で、05年に沖縄県で転落死した。

 美代子被告の関係者が県警に「男性は昨年夏ごろ、美代子被告のマンションのバルコニーの小屋で暴行されて衰弱死した。ドラム缶にコンクリート詰めされて海に遺棄された」と証言した。岸壁まで車で運んで遺棄したとみられる。現場の水深は深く、潜水してドラム缶を捜し当て、引き揚げるまで時間がかかる可能性もある。

 一方、民家の3人の遺体は、死体遺棄罪の公訴時効(3年)が成立している可能性が高く、死亡の経緯の捜査にも時間を要するとみられる。捜査本部は、昨年夏とされる男性の死体遺棄事件の立件を優先するとみられる。

 捜査本部は既に、三枝子被告、角田瑠衣(るい)被告(27)=同、李受刑者ら、美代子被告の関係者から任意で事情聴取を進めている。【山川淳平、宮武祐希】



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。