--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-26(Fri)

監禁小屋の開閉やトイレ、全て許可制…尼崎事件

監禁小屋の開閉やトイレ、全て許可制…尼崎事件

読売新聞 10月26日(金)18時36分配信

 兵庫県尼崎市の民家から遺体で見つかった3人に対する殺人容疑で26日、県警の捜索を受けた角田(すみだ)美代子被告(64)(ドラム缶遺体事件の傷害致死罪などで起訴)の自宅マンションにあった「監禁小屋」について、角田被告の親族らが県警に対し、「扉の開閉やトイレなど、すべて角田被告の許可が必要だった」と話していることがわかった。

 小屋には少なくとも4人が暴行後に閉じ込められ、死亡したとされており、県警は、角田被告による支配と死亡との因果関係を調べる。

 捜査関係者によると、小屋は、同市内の8階建てマンション最上階にある角田被告宅のバルコニーに設置されていた。扉は外から施錠でき、バルコニーの周囲は木製フェンスに囲まれて外部から見えなくなっていた。

 この小屋について、県警が角田被告の親族らに詳しく聞いたところ、「暴行した後、数日間閉じ込めるのに使っていた」と説明。そのうえで「トイレや水を与える回数などは、角田被告が決めていた。扉を開けたり閉めたりする場合も、角田被告の許しを得てから行っていた」などと打ち明けたという。



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。