--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-15(Mon)

iPS本、書店にコーナー=山中教授自伝、注文殺到

iPS本、書店にコーナー=山中教授自伝、注文殺到

時事通信 10月15日(月)5時30分配信

 山中伸弥京都大教授(50)のノーベル賞受賞が決まり、各地の書店では、著書や人工多能性幹細胞(iPS細胞)関連の特集コーナーが相次いで設置されている。10日に発売された自伝が特に人気で、版元には注文が殺到しているという。
 大阪市北区のジュンク堂書店大阪本店では、一般、医学、理工の三つの売り場に特設コーナーを設置。自伝のほか、ノーベル賞受賞者の益川敏英京都産業大教授(72)との共著「『大発見』の思考法」(文春新書)などが人気だ。
 医学書担当の野々村智明さん(41)は、「普段はあまり売れない分野なので、関心の高さを実感している。医療の発展への期待と希望が興味につながっているようだ」と話す。
 自伝「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」は初版8000部だったが、講談社は既に3刷計5万3000部の発行を決めた。担当編集者は「ノーベル賞決定の人気だけでなく、今後は山中先生の挫折の連続だった人生や、努力の末にたどり着いた発見に注目し、科学に関心のある若者に長く読み継がれる本になってほしい」と期待している。 



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。