--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-27(Thu)

<東日本大震災>自衛隊員の派遣手当で支給ミス…検査院調査

<東日本大震災>自衛隊員の派遣手当で支給ミス…検査院調査

毎日新聞 9月27日(木)2時30分配信

 東日本大震災の被災地で活動した自衛隊員が受け取る国の災害派遣手当に約3100万円の支給ミスがあったことが、会計検査院の調査で分かった。約1400万円が過大な一方、約1700万円が払われていなかった。大災害だったため、これまで災害派遣の経験のない駐屯地も隊員を出しており、各駐屯地の経理担当者がこうした会計手続きに不慣れだったことが原因とみられる。検査院は会計手続きを適切に行うよう防衛省・自衛隊に求める方針だ。

 防衛省は昨年3月11日の震災当日から同年12月末に撤退するまでの291日間、自衛隊員延べ約1066万人を被災地に災害派遣し、行方不明者の捜索や東京電力福島第1原発事故の対応に当たった。防衛省などによると、派遣された自衛隊員には同省の規定に基づき原則として1日当たり1620円の「災害派遣手当」が支給される。任務の危険度に応じて増額され、津波警報が出ている区域では6480円、事故を起こした原発の直近で活動した隊員には4万2000円などと規定。昨年8月1日までに約137億円が支給された。

 検査院は全国約150カ所の駐屯地などを調査して勤務内容を記した書類を確認したところ本来なら手当の対象でない移動日にも支払われるなどのミスが判明。延べ約4400人に約1400万円が過大に、延べ約4700人に約1700万円が少なく支払われていた。防衛省監査課は「検査院の指摘を真摯(しんし)に受け止め、改善すべきところは改善していきたい」とコメントした。【古関俊樹、川名壮志】



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。