--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-27(Mon)

<元空自隊員>米軍車にはねられ障害 「事故隠し」提訴へ

<元空自隊員>米軍車にはねられ障害 「事故隠し」提訴へ

毎日新聞 8月27日(月)12時3分配信

 イラク戦争に派遣され、クウェートで米軍車両にはねられて重傷を負った元航空自衛官の男性(40)が「自衛隊が事故隠しのような態度を取り、適切な治療を受けられなかった」として、国に損害賠償を求める訴訟を9月下旬に起こすことが27日、代理人弁護士への取材で分かった。

 代理人弁護士によると、男性は3等空曹だった06年4月、空自小牧基地(愛知県小牧市)から通信士としてクウェートの米空軍基地に派遣された。同年7月の米軍主催の親善長距離走大会で先頭を走っていて、民間軍事会社の米国人女性が運転する大型バスにはねられて意識を失い、気付いたら空自の自室ベッドに寝ていたという。

 男性は現地で適切な治療を受けられず、事故から約2カ月後に帰国した後は口がほとんど開かなくなった。今は流動食しか食べられず、身体障害者4級に認定されているという。男性は11年、依願退職した。代理人は「早期に帰国するなどして治療していれば、ここまでひどくならなかったと思う。男性が指摘するまで自衛隊は公務災害補償の手続きをしなかった」と話している。

 航空幕僚監部広報室は「男性は、米軍の医務室での投薬など適切な治療を受けた。男性が早期帰国を申し出たという認識はなく、治療しながら働けたと考えている。提訴は把握しておらず、現時点ではコメントできない」と話している。【山口知】



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。