--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-25(Sat)

<大阪府教委>中3内申書、絶対評価に見直しへ

<大阪府教委>中3内申書、絶対評価に見直しへ

毎日新聞 8月24日(金)20時53分配信

 大阪府教委の中西正人教育長は24日の定例記者会見で、全国で唯一相対評価を採用している府内公立中学3年の内申書について、絶対評価に見直す考えを明らかにした。各生徒の学習の到達度や努力を個別に評価すべきだと判断した。今月末に開催予定の教育委員会議で正式決定する見通し。

 府内の公立中では、通知表には原則絶対評価を採用しているが、受験する府立高に提出して合否判断の材料となる中3生の内申書に限り、10段階の相対評価を用いている。

 橋下徹・大阪市長は、学力差がある学校同士を比較した場合、相対評価では異なる学校の生徒間で、学力が適切に評価されなくなることを問題視。府教委が4月から絶対評価への移行に伴うメリット・デメリットについて比較検討してきた。

 府教委は、陰山英男・教育委員長も「子どもの成長を促すのにふさわしい」として絶対評価導入に前向きな意向で、次回教育委員会議で正式決定した上で、具体的な移行時期について協議する方針。

 一方、絶対評価導入で、学校や教師の間で評価基準にばらつきが生じるなどの問題も懸念されるため、生徒が公平に評価される仕組みを検討する方針。【林田七恵】



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。