--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-03(Fri)

2人の死刑執行…滝法相、就任後初めて

2人の死刑執行…滝法相、就任後初めて

読売新聞 8月3日(金)11時11分配信

 法務省は3日、静岡県三島市の女子短大生焼殺事件で死刑が確定した服部純也死刑囚(40)ら2人の刑を同日午前、東京、大阪の各拘置所で執行したと発表した。

 死刑執行は今年3月29日に3人が執行されて以来で、滝法相が6月4日に就任してからは初めて。この日の執行で、死刑確定者は132人から130人となった。

 民主党政権下で死刑執行は慎重となり、昨年は19年ぶりに執行がなかった。しかし、小川前法相が今年3月、1年8か月ぶりに執行した後、約4か月での執行となった。

 死刑が執行されたのは、服部死刑囚のほか、京都府と神奈川県で親族2人を相次いで殺害した松村恭造死刑囚(31)。

 服部死刑囚は2002年1月、三島市で帰宅中の女子短大生(当時19歳)を車に押し込んで暴行した上、犯行の発覚を防ぐために灯油をかけ、火を付けて殺害した。1審・静岡地裁沼津支部は無期懲役としたが、2審・東京高裁は05年3月、殺害方法の残虐性を強調し、被害者が1人でも死刑を選択。最高裁も08年2月、高裁判決を支持して上告を棄却していた。

 松村死刑囚は07年1月、京都府長岡京市で伯母(同57歳)を殺害して現金約2万円を奪い、その1週間後に相模原市で大叔父(同72歳)を殺害して現金約3000円を奪った。08年3月に1審・京都地裁で死刑判決を受けて控訴したが、翌4月に取り下げていた。



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。