--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-28(Sat)

<大津いじめ自殺>市教委が全教員アンケを公表せず

<大津いじめ自殺>市教委が全教員アンケを公表せず

毎日新聞 7月28日(土)2時34分配信

 大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、自殺直後に学校側が全教員を対象に行ったいじめアンケートについて、市教委がその存在を公表していないことが関係者への取材で分かった。教員が当時いじめをどの程度認識していたかを知る重要な調査だが、市教委は「資料が警察に押収された」ことを理由に、内容も把握していないとしている。

 市教委によると、自殺直後の昨年10月11、12日、担任や2年生教員ら約10人に校長らが聞き取りをし、「自殺前、教員にいじめの認識はなかった」と判断した。だが学校は同時期、いじめを知っていたかなどについて全教員約60人にアンケートしたが、市教委に報告していなかった。

 市教委が教員アンケートの存在を把握したのは今年6月。男子生徒の遺族との訴訟に対応するため、状況を学校側に再確認した時だった。この際、市教委の担当者は内容を調べなかったという。市教委幹部は「当時の調査や指導が不十分だったことは申し訳ない」と話している。また「自殺の練習」などの生徒アンケート内容が明らかになった今月4日以降も公表しなかったことについて、「対応に追われ、公表に思い至らなかった」としている。

 学校は遺族にも「教員にいじめの認識はなかった」とだけ伝え、教員アンケートの実施やその内容は報告していない。生徒の父親(47)は「全教員がいじめに気付いていなかったのは本当なのか。隠蔽(いんぺい)体質にあきれるばかりだ」と憤っている。【千葉紀和】



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。