--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-17(Tue)

大津いじめ訴訟、口頭弁論で市側が和解意向示す

大津いじめ訴訟、口頭弁論で市側が和解意向示す

読売新聞 7月17日(火)11時0分配信

 大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)がいじめを苦に自殺したとして、両親が加害者とされる同級生ら3人と保護者、市を相手取り約7720万円の損害賠償を求めた訴訟の第2回口頭弁論が17日、大津地裁(長谷部幸弥裁判長)であった。

 市側の弁護士は「いじめと自殺の因果関係は今後認められる可能性は高い。市として和解の意思表示を示していくことになる」として和解の意向を明らかにした。第3回弁論は9月18日。

 市側はこれまで「いじめが自殺の原因とは限らない」と主張していたが、全校アンケートを市教委が公表していなかった問題が今月発覚。男子生徒が自殺前にいじめを受けていた疑いが強まったとして方針を転換することになった。

 この日の弁論で、市側の弁護士は「いじめと自殺との因果関係を調べる外部委員会の調査が4か月かかり、その間は主張を控えたい」と述べた。さらに1か月半後をめどに学校側の対応の経緯などを示した文書を提出すると説明。原告側弁護士から「全校アンケートの原本や教員の日誌などの提出を」と求められ、市側の弁護士は「出せるものは出したい」と応じた。



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。