--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-08(Sun)

福岡県議、保護者会行事のガソリン代も政調費に

福岡県議、保護者会行事のガソリン代も政調費に

読売新聞 7月8日(日)10時33分配信

 福岡県議会の大塚勝利議員(47)(公明党、福岡市東区選出)が2011年度の政務調査費のガソリン代として、子供の小学校の保護者会出席のための移動費を計上するなど、ずさんな処理をしていたことが読売新聞の調べでわかった。

 大塚議員は取材に対し、一部の不適切な支出を認めたうえで、「返還したい」と話した。同県議会ではガソリン代に関して領収書の提出義務がなく、自己申告に任されており、改めて議員の公金意識の低さが浮き彫りになった。

 県議会の政調費の支出に関する要領では、調査活動での車の走行1キロ当たり20円をガソリン代に充てることができる。行き先と走行距離、調査内容を自己申告する規定になっている。

 大塚議員の収支報告書によると、11年度は1万2606キロ走行し、25万2120円を受給。主に福岡市内で活動しているが、同市内が選挙区の他の公明党議員4人の年平均は4000キロにも満たず、大塚議員の走行距離の方がはるかに多い。10年度は1万3792キロ(27万5840円)、09年度は1万2500キロ(25万円)だった。

 今年1月31日には「県議会棟で県民相談」とし、74キロを走行と申告。しかし、東区の自宅から県議会は往復でも約20キロしかない。

 このほか、昨年8月31日には、東区内の「個人宅での県民相談」として92キロ、同5日には自宅がある町内で「下水道の調査他1件」として50キロと申告するなど、不自然なケースが散見される。

 大塚議員は取材に対し、「自宅を出てから帰宅までの走行距離を車のメーターで測っている。記載以外の場所も回り、住民らとも会っている。調査以外の分は除いている」と主張した。

 しかし、昨年10月29日には、「地域交流について」として自宅から東区志賀島までの往復のガソリン代2400円(120キロ分)を計上しながら、自身のブログでは、子供が通う小学校の保護者会のイベントが志賀島であり、地引き網体験などをしたと記載していた。

 この点を指摘すると、「調査活動とはいえなかった」として返還する考えを表明。自宅から志賀島まで往復で約40キロしかないことには、「メーターをリセットし忘れ、前日に走った分を二重計上してしまった可能性がある」と話した。

 大塚議員は「調査先を記録する時間がなかったことなどから、ずさんになってしまった。精査して二重計上分は返還し、今後は記載を詳しくするなど改善したい」としている。



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。