--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-01(Sun)

橋下市長「名前がすべて、都がダメなら州でも」

橋下市長「名前がすべて、都がダメなら州でも」

読売新聞 7月1日(日)17時58分配信

 民主、自民、公明など5党が大筋で合意した「大阪都」構想の実現に向けた新法案の行方に、にわかに暗雲が漂ってきた。

 新たな法案に、大阪府の名称を「大阪都」などへ変更する規定がないことに橋下徹大阪市長が反発しているためだ。

 「名前がすべて。ものすごい重要だ。都がダメなら、州ぐらいでもいい」

 橋下氏は29日、大阪市役所で記者団に、新法が成立しても名称が「大阪都」とはならないことに強い不満を示した。新法は、大阪府にも東京都の23区のような「特別区」の設置を認める内容だ。実現すれば、法律上の権限では、東京都と大阪府の違いはなくなるが、地方自治法上の正式な名称は「大阪府」のままだ。

 新法は、橋下氏率いる地域政党「大阪維新の会」と水面下で調整しながら、5党の実務者が協議を進めてきた。民主、自民両党などには「首都は東京都だけ。大阪が『都』を名乗るのはおかしい」などと同構想への不満がくすぶっており、党内手続きで党幹部が了承するかどうかわからない。そこに加えて橋下氏が名称にクレームをつけたことから、与野党内で新法案の国会提出の機運がしぼむ可能性が出てきた。

 そもそも、橋下氏の大阪都構想の目的は、大阪府と大阪市の「二重行政」の解消による行政の効率化にある。府に近い権限を持つ政令市・大阪市を廃止し、8~9の新たな「特別区」に分割し、公選の区長に住民に身近なサービスなどを担わせ、産業政策や大規模なインフラ整備などの広域行政は大阪府に一元化するとしている。

 橋下氏自身は従来、名称にこだわらない考えを示していた。堺屋太一・元経済企画庁長官との共著「体制維新――大阪都」(文春新書)で、橋下氏は「名称は『都』でも『府』でもなんでもいい」と明言している。このため、5党の実務者協議でも名称変更はほとんど検討されなかった。

 橋下氏がここにきて急に名称の問題を持ち出したことについて、民主党幹部の一人は「大阪都構想のハードルを上げ、実現しないのは国のせいということにしたいのではないか」と批判している。

 「大阪都」の名称を巡っては、東京都の石原慎太郎知事が一昨年12月の記者会見で、「『都』と呼ぶ限り賛成できない」と指摘していた。



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。