--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-25(Mon)

<一体改革>民主、造反50人超す…26日採決

<一体改革>民主、造反50人超す…26日採決

毎日新聞 6月24日(日)21時26分配信

 消費増税を柱とした税と社会保障の一体改革関連法案が26日の衆院本会議で採決されるのを前に、民主党内で反対する意向を固めた議員が50人を超える情勢となった。鳩山由紀夫元首相が24日、反対を表明し、鳩山グループの数人が反対する見通しとなったためだ。鳩山氏は離党の可能性を否定し、小沢一郎元代表のグループ内にも反対を明言しながら離党に否定的な議員が複数いることも判明。元代表の言及した「離党・新党結成」の同調者が与党を過半数割れに追い込む54人に達するかは微妙だ。

 ◇鳩山グループも数人

 鳩山氏は24日、北海道室蘭市で記者団に「分かりやすい行動を取りたい。棄権は必ずしも自分を正直に伝える判断ではない」と反対を表明する一方、「離党は考えていない」とも語った。鳩山グループでは初鹿明博氏(東京16区)も地元の会合で反対を明言した。

 毎日新聞の調べでは、小沢グループで反対する意向を示しているのは約50人。21日夜の会合に集まった49人の大半から離党届を集めたとされるが、加藤学氏(長野5区)が離党を否定するなど、消極的な声も少なくない。

 小沢グループや中間派に欠席・棄権を模索する動きもあり、26日の採決で欠席を含む造反者は70人に迫る可能性がある。法案の修正に合意した民主、自民、公明3党で衆院議席の約9割を占めるため、法案の可決は確実だが、与党過半数割れにつながりかねない反対票「54」をめぐる攻防が激しくなっている。【光田宗義、木下訓明】



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。