--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-07(Thu)

「どうもこれで終わりらしい」とも…寛仁さま

「どうもこれで終わりらしい」とも…寛仁さま

読売新聞 6月6日(水)21時53分配信

 寛仁さまのご逝去を発表した記者会見で、宮内庁の日野西光忠・宮務主管と、海老原敏・杏雲堂病院名誉院長の主なやりとりは、次の通り。

 ――お亡くなりになった状況は。

 海老原 私はちょうどおらず、主治医が連絡をくれて病院に行った。

 ――お嬢様方がいらっしゃった殿下の最期の様子を。

 日野西 私は中に入っておらず、呼びかけになっているお声を伺っただけ。

 ――治療で、印象に残るようなエピソードは。

 海老原 昨年5月、「もうこれ以上の手術は嫌だから、もう緩和ケアにする」とはっきり意思表示された。結局は説得をして7月になって手術をしたが、実にはっきりしている。

 ――最後にどういう話を。

 海老原 病状について、この出血はいずれ止まりますから心配ありませんと。それよりももっと元気になって、詳しい検査ができるまでの体力を戻さないと、というのが最後の会話。

 ――最期をみとられた方は、どのような呼びかけを。

 日野西 「お父様」と。

 ――がんとの闘いや治療計画については。

 海老原 手術については説明すると、割合納得していただけた。何回か放射線治療を勧めたときだけは、なかなか納得されない。放射線は同じ場所には1回しか使えないというのがすごく、強く残っておられるようで、うちに帰られてから、「先生は放射線をさかんに勧められるから、どうもこれでおれは終わりらしい」ということをおっしゃったと聞いたことがある。

 ――ご葬儀等の日程は。

 日野西 宮内庁としての会議を経て決める。

 ――寛仁殿下の文書などでのご遺言はあったか。

 日野西 あったやに承っている。

 ――喪主は。

 日野西 遺言書の中にあるとは了解している。

 ――入院中にご公務についておっしゃっていたことは。

 海老原 特別ない。(敬称略)



【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。