--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-30(Fri)

消費増税 閣議決定 法案成立なお多難 財政、国際公約 首相は強気

 「消費税率を10%まで引き上げる方針を定めた社会保障と税の一体改革案を具体化し、これを実現化するための法案を2011(平成23)年度内に提出する」。野田佳彦首相が昨年11月の仏カンヌでの主要20カ国・地域(G20)首脳会議でそう宣言して約5カ月。難産の末、ようやく消費税増税関連法案を閣議決定することができたが、法案を成立させるまでの道のりはなお遠い。(加納宏幸)

 首相が、自民党政権が敷いた「平成23年度内の関連法案提出」というレールにこだわったのは、対国内総生産(GDP)比で約2倍に積み上がろうとする国・地方の長期債務残高が背景にある。

 先進国で最悪の水準をこのまま続ければ、財政の柔軟性が失われるばかりか、欧州債務危機の震源地となったギリシャのように財政破綻に陥りかねない。そう考えた首相は「不退転の決意だ」「政治生命を懸ける」と繰り返してきた。

 首相の強気な姿勢に、民主党の小沢一郎元代表は「私をはるかに上回る剛腕」と反発を強め、自らの支持勢力とともに造反を辞さない構えを見せる。この動きを憂慮して民主党執行部には法案を次期国会以降に継続審議にしようという動きさえある。

 だが、法案を出す以上、成立を目指さない限り、民主党に政権を担う資格はない。首相は衆院予算委員会で「与野党の胸襟をひらいた議論を通じ、早期に成立できるよう全力を尽くしたい」と訴えたが、「決められない政治からの脱却」をまず隗(かい)より始めよ。

【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

R50

Author:R50
生息地:東京近辺
家族:妻一人(らしい)、子二匹(らしい)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブログニュース
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。