--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-16(Fri)

裁かれたのは捜査のあり方 大阪母子殺害放火

 状況証拠による有罪認定について「被告が犯人でなければ説明できない事実が含まれている必要がある」と最高裁が新たな基準を示し、1、2審の有罪判決を破棄した大阪市平野区の母子殺害放火事件。被告の刑務官を無罪とした大阪地裁の差し戻し審判決は、この基準に忠実に、検察側が積み重ねた状況証拠のほぼすべてを「被告が犯人でなくても説明できるものばかりだ」と退けた。裁かれたのはむしろ、10年前の捜査だったともいえる。

 最高裁でも評価が分かれ、「まれに見る難事件」と言われた。それでも多数意見で有罪を破棄したのは「疑わしきは被告人の利益に」という刑事司法の鉄則を裁判員時代に改めて明示する必要があったからだ。

 状況証拠しかない重大事件では、一般市民も無罪か死刑かの「究極の選択」を避けられない。最高裁が新基準を示したのも、裁判員の目線を意識したからだろう。状況証拠による立証に課された高いハードルは、市民に冤罪(えんざい)を背負わせないための、いわば時代の要請だったといえる。

 一方で、捜査機関に求められたのは、これまで以上に厳密な捜査・立証だったはずだ。にもかかわらず、重要証拠の紛失により事件の謎は宙に浮き、真相解明どころか審理の入り口でつまずくありさまだった。

 この日の判決は、最高裁判例を踏襲したうえで「第三者による犯行の可能性も否定できない」と、さらに踏み込んだ。

 当局が立証の壁を自覚して、捜査のあり方を見つめ直さない限り、被害者しかいない“逃げ得”の事件が増えるばかりだろう。(宝田良平)

【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

R50

Author:R50
生息地:東京近辺
家族:妻一人(らしい)、子二匹(らしい)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブログニュース
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。