--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-23(Fri)

「多くの人助かったのでは」=津波、防災の重要性に言及―天皇陛下、78歳

 天皇陛下は23日、78歳の誕生日を迎えられた。先月、気管支肺炎で入院したため、負担を考慮して恒例の記者会見は行われず、「ご感想」が文書で発表された。この1年を「災害に明け暮れた心の重い年でした」と振り返り、東日本大震災後に訪れた被災地などで人々が支え合う姿を「心強く思いました」とし、「新しい年も被災者に心を寄せつつ過ごしていきたい」とつづった。
 陛下は、今回の大震災で多くの人命を奪った津波について、1993年の北海道南西沖地震後に訪れた北海道・奥尻島で見聞きしたことに触れ、「(今回の大震災の)被災地域の人が、奥尻島の津波災害の状況をつまびらかに知っていたならば、一刻も早く避難することに力を注ぎ、多くの人が助かっていたのではないかと残念に思われてなりません」との思いを記した。
 その上で、日本が自然災害の多い国であるとして、「この厳しい現実を認識し、人々の悲しみを記憶から消すことなく、工夫と訓練を重ね、将来起こるべきことに備えていかなければならない」と、防災の重要性に言及。7月の新潟県の豪雨災害で、7年前に比べ被害が少なかったことについて「防災に力を注ぐことがいかに生命を守ることになるかを教えてくれます」と記した。
 今年、太平洋戦争の開戦から70年となったことについては、「戦争の記憶が薄れようとしている今日、日本がたどった歴史を繰り返し学び、平和に思いを致すことは極めて重要」と述べた。
 先月の入院については「多くの人々に心配を掛けました。体調も今では発病前の状態と変わらないように感じています」とした。 

【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

R50

Author:R50
生息地:東京近辺
家族:妻一人(らしい)、子二匹(らしい)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブログニュース
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。