--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-07(Wed)

<親族里親>都、厳格基準を緩和…11児相に通知へ

 親が死亡や行方不明になった子を3親等以内の親族に委託する親族里親制度を巡り、東京都が独自の認定基準を設けて門戸を狭めている問題で、都は今週中にも、都内の11児童相談所に、基準に固執しないよう求める通知を出す。厳しい基準を事実上撤回した形で、1カ月後をめどに、基準を改正するという。

 親族里親は自治体が認定し、月5万円程度の養育費、教育費と医療費を支給する。東京都は認定基準として「現に施設などにいる児童を引き取る場合」に限定し、すでに家庭に引き取って養育を始めた例は認めてこなかった。今年11月時点で都内で親族里親に託された子は1人で、他府県より際立って少ない。

 毎日新聞は11月8日、病死した妹の娘を引き取り親族里親に認められなかった女性の嘆きを紹介し、独自基準を報じた。約3週間後、都は児童相談所長を集めた会合で「個々の家庭を見て判断するよう」柔軟な対応を求めた。

 都少子社会対策部の桃原慎一郎部長は「施設から家庭へという典型例として条件を書いた。児相の職員なら、子どもの福祉を考え、都の基準よりも児童福祉法を優先して親族里親の認定をしているはず」と釈明。一方で「一般の方からは誤解を受ける表現だった」と話し、基準を改正する意向を示した。

 めいを育てる女性のもとには6日、児童相談所の職員が訪れた。職員は、9月の省令改正でおじ・おばが親族里親より手厚い養育里親になったことを説明し、「希望すれば里親になれます」と説明したという。

 「現実離れした基準で現場からは『おかしい』という声が上がっていた」。ある元児相職員は打ち明ける。

 元職員は、02年に親族里親制度が新設される直前、「孫を引き取ったが生活が苦しい。手放したくないので制度を利用したい」と相談を受けた。しかし都の基準に従い、断ってしまった。「他にも同様の例はあっただろう。都は、1件認めれば親族里親が次々と増えることを恐れたのでは」と指摘する。【鈴木敦子】

【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

R50

Author:R50
生息地:東京近辺
家族:妻一人(らしい)、子二匹(らしい)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブログニュース
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。