--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-24(Thu)

井川容疑者、社長退任後の3か月で借入金倍増

 大王製紙前会長の特別背任事件で、前会長・井川意高(もとたか)容疑者(47)の借り入れは、社長から会長に退いた6月以降に急増し、問題発覚までの3か月間で、それまでの倍の約100億円に膨らんでいたことが23日わかった。社長退任前には父親の前顧問・高雄氏(74)に借り入れを叱責され返済を命じられており、東京地検特捜部は、井川容疑者が借入金をカジノで取り戻そうと焦り、逆に損失を拡大させたとみている。

 井川容疑者は2007年6月、42歳で社長に就任。井川容疑者はこの頃、株式の先物取引や外国為替証拠金取引(FX取引)で数億円の損失を出す一方、たまたま訪れたカジノでもうけたのがきっかけでギャンブルにのめり込んでいった。

 関係者によると、当初は個人の資産でカジノに通っていたが負けが込み、09年頃からファミリー企業からの借り入れを始めたという。10年5月には、ファミリー企業を迂回(うかい)させる形で、初めて連結子会社から5億5000万円を借り入れた。

 しかし、今年3月、高雄氏がこの“迂回融資”の事実を把握。井川容疑者を厳しく叱責し、返済を命じた。井川容疑者は一部を返済したが、6月の取締役会で社長を退き、会長に就任した。この際、井川容疑者以外の取締役11人も退任・降格しており、同社関係者は「当時は理由は明かされなかったが、今思えば、不祥事を受けた事実上の降格人事だったのだろう」と話す。

 これを機に、井川容疑者の借り入れは急増する。内部通報メールで問題が発覚する9月までの3か月間で、それまでの約1年1か月分の借り入れとほぼ同額の54億3000万円を子会社6社から引き出した。

 1回の借入額もそれまでは7億円が最高だったが、会長就任2日後の7月1日、いわき大王製紙(福島県いわき市)に指示して16億5000万円を自分の口座に振り込ませるなど、高額になった。7月19日と8月16日には、子会社2社に指示し、米国のカジノ運営会社の日本法人の口座に直接8億5000万円を振り込ませるなど、手口も大胆になっていた。

【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

R50

Author:R50
生息地:東京近辺
家族:妻一人(らしい)、子二匹(らしい)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブログニュース
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。