--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-21(Mon)

地球にドスン、リンゴがぶり=歓迎式典で民族衣装―古川さん、22日に帰還

 【モスクワ時事】リンゴに民族衣装、マトリョーシカ。国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の古川聡さん(47)らは現地時間22日午前8時25分(日本時間同11時25分)、ソユーズ宇宙船でカザフスタンの草原に帰還する。5カ月半ぶりの地球では、伝統的な歓迎式典が待っている。
 ソユーズは着陸の約3時間半前にISSから分離され、23分前に黒海上空で大気圏に再突入する。帰還カプセルは、エンジンの逆噴射などで減速し、土煙を上げながら着地。衝撃が強そうに見えるが、昨年6月に帰還した野口聡一さん(46)によると「着地はスムーズ」という。
 無重力状態で筋肉が衰えているため、飛行士は着陸後すぐ椅子に座る。最初に口にする可能性が高いのが、差し入れられたカザフスタン特産の青リンゴ。ソユーズの伝統だが、宇宙航空研究開発機構によると、リンゴの落下を見て万有引力を発見したニュートンの逸話とは無関係という。その後、テントで簡単な医学検査を受け、専用ヘリで付近の空港へ移る。
 空港で開かれる歓迎式典に、飛行士は宇宙服姿で参加する。途中で中央アジアの民族衣装「チャパン」をプレゼントされ、宇宙服の上に羽織る。自分の似顔絵が描かれたロシアの民芸品マトリョーシカも贈られる。
 式典後、本格的な検査やリハビリを受けるため、専用機で米航空宇宙局(NASA)のエリントン空港(米テキサス州ヒューストン)へ。古川さんは12月初めごろ、ヒューストンの宇宙機構事務所で記者会見に臨む。 

【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

R50

Author:R50
生息地:東京近辺
家族:妻一人(らしい)、子二匹(らしい)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブログニュース
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。