--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-08(Tue)

自民党は責任政党なのか

前原外務大臣に続いて、今度は細川厚生労働大臣のドミノ辞任を狙う、という新聞記事を読んでフト思いました。

ワタシは体育会系ではありませんが、先輩のシゴキや理不尽な仕打ちを経験した後、人間の反応は二つに分かれる、といいます。一つは、オレもああいう仕打ちに耐えてきたのだから、後輩にも同じことをする権利がある、と思う人。いま一つは、同じ苦しみを後輩には味合わせたくない、という反応です。

自民党と民主党は先輩後輩という図式では語れないでしょうけれど、先に政権政党を長く続けてきた政党と、アトから政権についた政党、という意味では似たところがあるのではないでしょうか。

そして前述した体育会系の先輩後輩関係を経験した後の二つの反応に照らし合わせると、さしづめ自民党など野党側は前者、つまり同じように理不尽な目にあわせてやりたいというちょっとサディステックな反応をしているように思えます。

現在の国会の攻防は、攻守ところを変えた関係で、なんだか同じことを繰り返しているように思います。

自民党にしてみれば、アノ時民主党が攻め立てた同じ理由で同じように攻めているつもりで、そこにはたぶんに意趣返しという面があるように思います。

そういう意味でどっちもどっちだと国民はとおに醒めているように思われます(ワタシがそうだから、というだけのことかもしれませんが)。

自民党は「そうではない。国政を預かる身として、前原外務大臣や細川厚労相の言動は攻めるに値するんだ」というつもりでしょうが、大臣のクビを捕ればいいってもんでもないでしょう。

もし自民党に長い間国政を切り盛りしてきたのはオレたちだという自負があるのならば、ここは先輩風を吹かして民主党を教え諭すような余裕を持てないものでしょうか。

ただ政争を繰り返すだけでは、そのシワよせは国民にくるだけです。ここは先輩の自負を持って責任政党として自覚のある行動をとったほうが、来るべき選挙での国民の支持を回復できると思われるんですがねぇ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

R50

Author:R50
生息地:東京近辺
家族:妻一人(らしい)、子二匹(らしい)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブログニュース
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。