--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-13(Sun)

経済と北方領土リンクの前原流外交、不発

 【モスクワ=穴井雄治】前原外相は12日、クレムリンでナルイシキン露大統領府長官と会談し、2日間の訪露日程を終えた。

 経済外交では一定の前進があったものの、焦点の北方領土問題では、ロシア側が強硬姿勢を崩さなかった。両国関係の強化によって領土問題解決を図る――という前原氏の対露戦略は、壁にぶつかった。

 11日の前原外相とラブロフ露外相との会談は、北方領土問題で互いの主張の違いが一層鮮明になる結果となった。菅首相は12日午前、「(会談は)なかなか厳しい雰囲気だったようだ」と記者団に語った。

 経済外交を重視する前原氏は、11日にはフリステンコ産業貿易相とも会い、ともに貿易経済日露政府間委員会に出席。ロシアの自動車輸入関税引き上げを取り上げ、「保護主義的だ」と即時撤廃を要求した。フリステンコ氏からは「世界貿易機関(WTO)加盟後には協定上の全ての約束を順守する」との発言を引き出し、一定の成果があった。

 前原氏の戦略は、自由貿易の拡大によって両国の経済関係を強め、ロシアに日本との「不正常な状態」を解消する必要性を認識させ、領土問題解決につなげるというものだ。しかし、ロシア側の基本方針は、経済協力と領土返還を結びつけないという正反対の立場だ。11日の日露外相共同記者会見では、ラブロフ外相に香港のメディアが「南クリル(北方領土)の開発は、中国や韓国を誘致した方がいいのでは」と質問した。前原氏はこの問いに語気を強めて「日本の立場と全く相いれない」と反論したが、質問自体にロシアと中国の“連携”を感じ取る向きもある。

【引用元:Yahoo.Japanニュース】

ヤフーニュースの配信を受けることにしました(勝手に引用させてもらっているだけですけど)。

■推薦サイト:

C型肝炎の感染原因

メタボなあなたご飯はいつもガマンですか

新ウルトラ開業パック2010年度版


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

R50

Author:R50
生息地:東京近辺
家族:妻一人(らしい)、子二匹(らしい)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブログニュース
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。