--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-13(Tue)

死の町

すでに旧聞ですが、鉢呂前経産大臣の舌禍問題について少し述べておきます。

「死の町」といういささか文学的な表現は、ワタシとしては決して被災地域や住民の方々を揶揄したり、貶めたりしてはいないと思います。

「町」というのは、それなりの機能を持っています。 ひれなりの機能というのは、商店街に人々が行き交ったり、家々から朝餉夕餉の匂いが立ち込めたり、呼び合う声がしたり、笑い声が聞こえてくるとか、そういうことです。

「町が死んだ」というのは、町のそういう機能が失われた、もしくは失われつつあるということでしょう。そういう状態を指して「死の町」という表現をすること自体は、決してマスコミから糾弾されることではない、と考えます。

例えば「交通麻痺」という表現があります。そういう表現を使ったら肢体が不自由な人を揶揄したり蔑視シタリしていることになるでしょうか。「麻痺」という言葉自体は医学用語ですから、神経系統の機能が正常に働かないことを指します。

「交通麻痺」というのは道路が渋滞したり、電車バスが運休したりして交通が正常に動かないことを「麻痺」という医学用語を使って譬えた、ということでしょう。その意味で厳密に言えば肉体の機能が正常に働かない人のことを連想されると言えなくはありません。

しかし、既に擁護として定着している「交通麻痺」という言葉を使ったからといって、言葉本来の字義から肉体的機能が不正常にしか働かない人々を揶揄しているとあげつらうことには無理があります。

今回鉢呂議員が使った「死の町」という表現も同じです。

人が殆ど見当たらない、商店も失われている、商店だけではなく家々も倒壊したり半壊したり、人々が既にそこに住んですらいない街のことを「死の町」と表現することが、それほど糾弾に値することだとは思えません。

むしろ鉢呂議員の言動に問題があるのは、「放射能をつけちゃうぞ」とか「汚染(うつっ)ちゃうぞ」という発言をしたほうでしょう。

いうまでもなく原発3キロ圏の出入りに関しては検問所があり、入ることはもちろん、そこから出る場合も防護服を除染して出られる訳ですから、いったん3キロ県内に入ったとはいえ、鉢呂議員の防護服に放射能が付着していることはあり得ません。

原発の稼動を所管する大臣としてその程度の知識も持ち合わせなく、「うつっちゃうぞ」という非科学的な言動をするのは彼のオツムの程度を如実に表しています。

したがって「死の町」という表現に関しては冒頭に述べたような思いを持ちつつも、辞任劇に至るほどのことでもないなどと擁護するつもりは毛頭ありません。

ただし、「うつっちゃうぞ」発言も、彼が被災地視察から防護服を着たまま戻ってきたところを囲んで矢継ぎ早に質問を浴びせた報道陣にたいし、「まだ防護服すら脱いでいないんだから、防護服を着たままだと付着した放射能が空中に拡散しちゃうぞ」という文脈で出た言葉だとすれば、マスコミのありよう、言葉狩りについても一言言及しておきたい。

繰り返しますが、防護服に付着した放射能が空中に拡散してしまう等と云いうこと自体、あり得ないことです。が、マスコミが自ら仕掛けたシュチュエーションに嵌って言質を取られたという側面もあり、マスコミによる意図的な誘導と言葉狩りに対しては大いに疑問を抱きます。

もちろんその程度の幼稚なワナにひっかかるほうもひっかかるほうであり、しかも大臣ですから、弁護の余地はありません。ありませんが、マスコミの底意地の悪いヒッカケがまた事実だったのだろうとワタシは思います。
スポンサーサイト
2011-04-19(Tue)

批判はもういい!

震災後の菅内閣の対応について、自民党や評論家などが大所高所からいろいろな批判をしています。

もう聞き飽きたよ!

野党なんだから現政権の揚げ足を取ることも役割の一つかもしれませんが、いまは批判をすることではなく、与野党を超えて、今後どうするのかを議論すべきでしょ。

3月11日に菅総理が現地視察したことを巡って、それが政治家としてのパフォーマンスに過ぎなかったのではないか、という批判があります。

菅さんはそう言えないでしょうが、政治家なんだから全ての行動がある意味でパフォーマンスであることは当然でしょう。そういう質問をしている自民党議員はパフォーマンスをしたことがないのか?

不謹慎だけど、慶弔儀礼は政治家のパフォーマンスの最高の舞台でしよう。慶事はともかく、弔事だって、表面上はともかく、下心としてそういう気持ちがないとは言えないはずです。政治家だったらあって当然でしょ。

菅さんの視察のおかげで(視察を迎えるため、その警備のため)焦眉の課題であった筈の対応に遅れが出たと批判していた佐々さん、今度は天皇陛下が視察に赴かれるそうで、皇室大好き人間の佐々さんはその時、同じことをいえるのかね。

震災対応で出来たナントカ会議が多すぎると批判していた飯島さん、批判じゃなくて提言は出来ないの!

とにかく皆、過去形の批判が多すぎるよね。ああいう対応はいかがなものだろうかではなく、今後はこうしましょう、私は(私たちは)こうやります、政府も一緒にやりませんか?という前向きの対処が出来ないんですかね。

民主党もダメだけど、自民党ももっとダメだね。

ワタシは民主党にほとほと愛想をつかして、やっぱり自民党かな?と思い始めてもいたんですが、自民党のダメさ加減が良く分かりました。

結局民主も自民も、政治家は役に立たないってことがよーくっ分かりました。

情けない!!

2011-03-11(Fri)

今度は菅さん?致命傷になるかもね。

今度は菅さんに献金疑惑?

いや、疑惑じゃなくて、菅さんは献金自体については認める発言をしたし。

もちろん、献金は日本名でなされたそうだから、「知らなかった」のであれば法律的にはセーフです。

ただし、前原外務大臣は「知らなかった」けれど、監督責任があるということで辞意を表明し、菅総理大臣はこれを認めた訳でしょ。

いまテレビで前原さんは献金者が韓国籍であることを知っていたから事情が少し違う、みたいなことを言っていますが、前原さんは「その方が献金していたとは知らなかった」と述べています。しかし監督責任があるから「知らなかった」から「自分には問題がないとは言えない」ということでしょ。

前原大臣は「知っていた」という報道は間違いです。テレビ朝日さん。
2011-03-08(Tue)

自民党は責任政党なのか

前原外務大臣に続いて、今度は細川厚生労働大臣のドミノ辞任を狙う、という新聞記事を読んでフト思いました。

ワタシは体育会系ではありませんが、先輩のシゴキや理不尽な仕打ちを経験した後、人間の反応は二つに分かれる、といいます。一つは、オレもああいう仕打ちに耐えてきたのだから、後輩にも同じことをする権利がある、と思う人。いま一つは、同じ苦しみを後輩には味合わせたくない、という反応です。

自民党と民主党は先輩後輩という図式では語れないでしょうけれど、先に政権政党を長く続けてきた政党と、アトから政権についた政党、という意味では似たところがあるのではないでしょうか。

そして前述した体育会系の先輩後輩関係を経験した後の二つの反応に照らし合わせると、さしづめ自民党など野党側は前者、つまり同じように理不尽な目にあわせてやりたいというちょっとサディステックな反応をしているように思えます。

現在の国会の攻防は、攻守ところを変えた関係で、なんだか同じことを繰り返しているように思います。

自民党にしてみれば、アノ時民主党が攻め立てた同じ理由で同じように攻めているつもりで、そこにはたぶんに意趣返しという面があるように思います。

そういう意味でどっちもどっちだと国民はとおに醒めているように思われます(ワタシがそうだから、というだけのことかもしれませんが)。

自民党は「そうではない。国政を預かる身として、前原外務大臣や細川厚労相の言動は攻めるに値するんだ」というつもりでしょうが、大臣のクビを捕ればいいってもんでもないでしょう。

もし自民党に長い間国政を切り盛りしてきたのはオレたちだという自負があるのならば、ここは先輩風を吹かして民主党を教え諭すような余裕を持てないものでしょうか。

ただ政争を繰り返すだけでは、そのシワよせは国民にくるだけです。ここは先輩の自負を持って責任政党として自覚のある行動をとったほうが、来るべき選挙での国民の支持を回復できると思われるんですがねぇ。

2011-03-07(Mon)

公明党白浜議員の質問は支持をなくすだけでしょ。

公明党の白浜議員が、いまこれを書いている最中、国会で質問しています。

ただ、前原さんが在日韓国人の方から個人献金を得ていたことで大騒ぎしていますが、外国の政府・企業が日本の政治に不当な影響力を及ぼすことを防ぐという法の趣旨と、既に長い間日本で暮らし、税金も支払い、社会保険にも入っている在日韓国人・朝鮮人から献金を得ていたから法律違反だということとは、明らかに整合性がありません。

公明党の支持者や創価学会員の中には在日の人々がたくさんいるではありませんか。白浜さんの質問はそういう方々の感情を逆なでするのではないでしょうか。

実際のところ白浜さんもそんなことは百も承知で、ただただ菅政権を攻撃したいために質問しているのでしょう。

でももうそういう攻撃のための攻撃みたいなことで、無駄な国会議論を繰り返すことは止めていただきたいですね。

誤解のないように言っておきますが、私は菅政権を支持しません。ただ、弱者の見方を標榜する公明党がこんな質問をすることについて、大変情けないと思っています。

プロフィール

R50

Author:R50
生息地:東京近辺
家族:妻一人(らしい)、子二匹(らしい)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブログニュース
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。